>  > 鬼の居ぬ間に洗濯ならぬ風俗

鬼の居ぬ間に洗濯ならぬ風俗

鬼の居ぬ間に洗濯…なんて言葉もありますけど、自分の場合、これは洗濯ではなく風俗ですね。妻が居ない時こそ風俗のチャンスなんですよ。なぜなら、妻がいる時は風俗を利用したらバレてしまう可能性もあるじゃないですか。自分では分からない部分、例えば匂いしたりとか、何となく自分の表情がいつもと違うとか。女の勘ってのは本当に侮れませんので、風俗を利用するのは出張した時か妻がいない時だけです。でもそれくらいで丁度良いのかなって気持ちもありますね。あまり頻繁に行くと妻ではなく財布の方が悲鳴を上げてしまうかもしれませんしね(笑)そんな話はともかく、先日妻が出張すると。妻も働いているんですが、妻は貿易の仕事なんです。だから二週間くらい海外出張したんですよ。これはもう大チャンスです。ここで風俗を利用しないでいつ利用するんだって自分に言い聞かせて風俗をがっつりと楽しんできました。スリルもあってなかなかに楽しい時間になりましたね。

良い気分になれたと思う

どんどん人気が出ているような風俗店でしたので、ありえないくらいに時間が経つのが早く感じました。最初からこちらの懐に飛び込んできましたので、すぐにイチャイチャモードになりました。やっぱ、デリヘルは違うなぁなんて思いながらも女の子と思いっきりチューをさせてもらいましたが、これがまたねっとりとするので本当に気持ち良いんですよ。まさにいやらしいというのはこの事だと思えるくらいに最高レベルでしたので、最初から本当に良い気分でした。気持ちよくなるために色々とデリヘルで努力してくれているのがとても伝わります。半端じゃない快感を与えてくれた彼女は自分の中では最高な展開を見せてくれました。こちらがどうやったら喜ぶのかをしっかりと見てくれています。いやらしいのは分かりきった事なんですが、本当に半端じゃないレベルで良い思いを味わうことが出来ましたので幸せでしたよ。らっぱり風俗はこうでなくっちゃと思ってしまうくらいに良い気分になれたと感じています。

[ 2016-07-23 ]

カテゴリ: 風俗体験談